株式会社エイビット

プレスリリース

2014.11.13

基板型データ通信端末「PHSシールド」を発表

株式会社エイビットは、メーカーズブームで脚光を浴びているワンボードマイコンArduinoの通信拡張機能環境として使用できる、基板型PHSデータ通信端末「PHSシールド」を2014年12月から販売を開始いたします。

3Dプリンターの急速な普及を背景に、いまでは消費者が自分の欲しいモノを生産できる時代が来ようとしています。弊社ではそのようなパーソナルファブリケーションを後押しし、通信機器分野での開発環境を提供するため、特別な知識を必要とせず容易に公衆回線網でインターネット接続ができる、基板型データ通信端末「PHSシールド」を開発いたしました。

 

Arduinoと組み合わせて、専用データ端末のものづくりが可能

PHSシールドは、Arduinoシールドと互換のピン配列を持った基板型のPHS端末です。PHSシールドは、Arduino 側から簡単なAPIで使用できるTCP/IPスタックおよびHTTPなどのアプリケーションプロトコルを内蔵。このため、自身でプロトコルスタックを持たないArduinoおよび互換ボードであっても、容易に公衆回線網に接続して、インターネット接続をすることが可能となります。

搭載している弊社製PHS通信モジュールとアンテナはTELEC認証済みであり、使用にあたり法令上の手続きは必要ありません。教育機関や、研究機関、企業の開発部門はもとより、個人の通信機器ファブリケーション環境を実現するユニークなデータ通信端末です。

 

PHS通信料は2年分込みのプリペイドのパッケージ

PHSシールドの大きな特徴として、2年間のデータ通信利用契約およびプリペイド通信料金が製品価格に含まれています。このため,弊社Webページからアクティベーションを行うだけで、お買い上げの日からすぐに利用可能。煩雑となりがちな通信回線契約手続きや,月々の支払いを行う必要はなく、競合製品にはない手軽さを実現しました。教育機関や企業の単年度予算で購入しても2年間継続使用が可能です。

本製品は、11月23日から東京ビッグサイトにて開催される、「メーカーフェア東京2014」(http://makezine.jp/)に出展します。

本体メーカー希望小売価格は¥29,800、年間5,000台の販売を計画しております。

 

用途・応用

・遠隔センシング用M2M通信端末の開発用途

・研究開発

・通信機器の試作検討

・個人ファブリケーション

・実験、教育用途

・ものづくり環境の提供

 

諸元

サイズ(W×H)

約69×54 mm(アンテナ部を除く)

質量

約 70g

通信方式

PHS(RCR STD-28)

変調方式

π/2 シフトBPSK、π/4 シフトQPSK、8PSK、16QAM、32QAM、64QAM

データ通信方式

パケット(1x、4x)

アンテナ

内蔵単一型

制御方式

簡易API

外部インターフェース

Arduino用UART

ピン配列

Arduino互換

動作電源電圧

DC5.0V ±5%

動作温度範囲

-10℃~+50℃(結露しないこと)

利用公衆回線

ワイモバイルPHS網

 

製品外観

seminar.JPG

 

 

seminar.JPG

 

問い合わせ先

株式会社エイビット 営業部 新規事業推進担当

メール:sales@abit.co.jp 電話:042-627-1900

 

※ここに掲載されている情報は、発表日時点のものです。仕様・デザインは予告なく変更される場合があります。

 

一覧へ戻る