株式会社エイビット

プレスリリース

2017.07.31

株式会社エイビット 営業部

入門者からプロユースまで使用可能な
広帯域無線信号疑似装置 AirBOXを発売

当社は2017年12月に広帯域ディジタル無線インターフェースエミュレータの新製品『AirBOX』の販売を開始します。当製品は、当社の海外関連会社であるZ-Instruments(本社:フィンランド、オウル)が開発、製造を行い、日本国内では当社が販売致します。

当製品は、これまで価格面や操作面で同等製品の導入を見送っていたユーザー、入門者から無線通信のプロフェッショナルユーザーまで幅広いユーザーを対象として販売致します。

 

基本機能・性能:

・対応周波数は10MHz~15GHz(標準モデル)

・第5世代移動通信システム向け28GHz以上の周波数にも対応(オプション)

・200MHz帯域幅(標準モデル)

・1秒を超える伝搬遅延の再現が可能

・高いダイナミックレンジ

・最大8無線チャネル、32フェージングチャネルまでの信号を任意に選択可能

・マニュアルレスで操作が可能な簡便なユーザーインターフェース

・タッチパネル対応

・自動試験システムに対応し動作中でも全てのパラメータの変更が可能

・外形:高さ14cm幅44cm奥行70cm

 

チャネル構成例:

・自動試験用アッテネータ、RFスイッチ、周波数変換装置、遅延シミュレータ

・1ユニットで1組の8×4MIMOあるいは2組の4×4MIMOまで対応

・複数のAirBOXをカスケード接続することにより、16×4MIMO,ビーム

フォーミング、Massive MIMOにも対応可能

・実信号を基にしたフェージングパターンを用いたストリーミング再生が可能

 

 

airboxusecase01.png

 

 

 

AirBOXは持ち運び可能なコンパクトサイズのため、スペースが限られた実験室でも設置可能です。また、タッチパネルにより感覚的に操作できる設計となっていることから、試験作業工数の削減、装置導入に伴うトレーニング等などの準備期間の短縮、操作ミスの発生確率の低減などにより、ユーザーによる開発および試験作業の効率化を期待できます。

なお、AirBOXの日本国内での販売は株式会社エイビットが行います。標準価格は300万円~。

 

 

お問い合わせはこちら

 

 

Z-Instruments:2014年11月設立、オフィス所在地Aapistie 1 90230 Oulu, FINLAND。株式会社エイビットとフィンランドWASIMOとの共同出資会社。

 

 

 

   AirBOX_PICT3_SMALL.png   

 

 

 

AirBOX_PICT2_SMALL

 

 

 

 

一覧へ戻る