ローカル5G

限られたエリア(土地・建物単位)で利用するという条件の下で免許を受けて5Gを自営無線として利用します。地域内や企業の工場内といった比較的小規模組織のニーズにも対応できる通信環境が構築できます。エイビットはいち早くローカル5G用評価システムの実験局免許を取得。ローカル5Gの性能を評価し、そのノウハウを活かして同様なシステムを必要とするお客様に販売していく予定です。

総務省『IoTサービス創出支援事業』に採択されました

エイビットはLoRaWAN™を使用し、八王子市ほぼ全域をカバーできるネットワークの構築・運用と無線通信機器の開発・製造および河川水位情報の取得・データ管理を行い、また、本無線ネットワークを用い、その他のシステムへの適用可能性について検討を行っています。

LoRa Alliance Contributor

LoRaWAN™は全世界のIoT関連企業400社以上が加盟する「LoRa Alliance™」が推進しているオープンな通信規格で、10年近いバッテリー寿命や数キロ以上の通信距離などの特長を持ちます。エイビットの子会社であるM2Bコミュニケーションズは、日本においていち早くLoRaWANに 取り組んでおり、「LoRa Alliance™」において日本初のコントリビュータとしてLoRaWAN™の日本規格策定に関わっています。